妊娠・育児の備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠・育児の備忘録

妊娠・育児にまつわる自分メモ

赤ちゃんが夜泣きをする理由~胎児はお母さんに気を使っていた!~

スポンサーリンク

先日、テレビでNHKをつけっぱなしにしてぼーっと眺めていたら、赤ちゃんとお母さんに関わる不思議を解明する番組をやっていました。

 

なぜお母さんは孤独を感じるのかとか、なぜ出産後は旦那にイライラするのかというような話です。

ちなみに、お母さんが孤独を感じるのは本来人間は群れで生活する動物であるため。寂しいと感じないと赤ちゃんに夢中になり過ぎて群れから離れてしまうからとのことでした。

旦那にイライラする理由は、愛情を感じるホルモンの副作用として攻撃的になるから。授乳中と、だんなさんがきちんと向き合って話をしてくれているタイミングはリラックス状態になるのだそうです。

 

そして、個人的に一番衝撃的だった話が赤ちゃんが夜泣きをする理由でした。

赤ちゃんが夜泣きをする理由は、胎児時代の生活リズムにあったそうです。

 

赤ちゃんは睡眠と覚醒を20~30分おきに一定のリズムで繰り返していると言われていますが、実はこれは正確ではないのだそうです。

最近の研究では、昼よりも夜の方が起きている時間が長いことがわかったのだそうです。

夜寝ようとすると胎動を感じるという人が多いのも、これが理由かもしれません。

 

夜に長く活動する理由は、赤ちゃんが起きているとお母さんの体から吸い取る血液の量が増えるから。

お母さんが活動している昼間に赤ちゃんが起きるとお母さんに負担をかけてしまうため、お母さんが休んでいる夜に多く起きているようなリズムになっているのだとか。

そんなに小さいうちからお母さんに気を使って生きているなんて、なんていい子なんでしょうか。

生まれていないうちから親ばかを発揮しそうです。

 

ただし、これが生まれた後に問題になってくるのです。

夜に長く起きていた胎児は、生まれてきてもすぐに生活リズムを元に戻すことはできません。

これが、夜泣きの原因となってしまうのです。

 

なんだか、これを聞くと「仕方ないよね、ママのために頑張ってたんだもんね」って気になりませんか?

夜泣きを体験したことがないのでその辛さはわかりませんが、心の支えがひとつできたような気がします。

 

---追記---

この話を旦那にしたところ「そりゃ、お母さんに倒れられたら胎児本人だって困るからな。自衛だろ。」と言われました。

確かに、そう言われればそうなんですが...。

「気を使えるいい子、かわいい!」と思ってた方がなんだか幸せじゃないですかw

スポンサーリンク