妊娠・育児の備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠・育児の備忘録

妊娠・育児にまつわる自分メモ

体重管理中におやつが食べたくなったときの強い味方♪流行りのダイエット食材「チアシード」を食べてみた!プルプル食感が楽しい☆

スポンサーリンク

今、話題の食材「チアシード」をご存知ですか?

チアシードとは、ミントの一種である「チア」という植物のタネなのですが、これがダイエットや美容に大きな効果があるとして大人気になっているのです。

これは体重管理に使えそうだ、ということで早速試してみました。

 

Amazonでホワイトチアシードを購入

今回購入したのはこちら

 

 通常のチアシードよりもホワイトチアシードの方が栄養価が高いということでホワイトを選んでみました。

「ホワイトと言いつつブラウンがたくさん混ざっている」というレビューも多かったのですが、そこまで強いこだわりがあるわけではないので安価なもので良いのです。

 

ヨーグルトに混ぜて食べてみる

そもそもチアシードを購入したきっかけが「ヨーグルトに混ぜて食べると腹持ちがいい」という話を見たことだったので、まずはヨーグルトに混ぜて食べてみることにしました。

 

こちらが届いたチアシード。

確かにたくさんブラウンが混ざっています。

真っ白のホワイトチアシードが良いという人は別のものにした方が良いかも。

 

 

ヨーグルトの空き容器を利用してみました。

1日の必要量が大さじ1杯ということで、大さじ1杯分を容器へ。

 

容器に水を入れます。

浮いてくるタネがあるためいっぱいになっているように見えますが、中身はほとんど水です。

 

そのまま一晩放置。

朝になると、タネの周りにゼリー状のプルプルができます。

この状態になると、中身は全部プルプルのチアシード。

 

ヨーグルトにオン!

今回は、膨らんだチアシードとヨーグルトの量を1:1にしてみました。

ヨーグルトは、お砂糖入りのカップに入ったものです。

 

混ぜてみるとこんな感じ。

ちょっとオートミールっぽくも見えます。

 

そのままでは無味で食べにくいチアシードですが、ヨーグルトに混ぜることでかなり食べやすくなります。

食べにくいチアシードを食べやすくするという意味では1:1の分量で十分でした。

おやつとしてヨーグルトの味を楽しみたい場合にはもう少しチアシードの量を減らした方がよさそうです。

腹持ちが良く栄養価が高いので、置き換えダイエットなどにも活用できるようです。

 

お腹がいっぱいになる効果の他に、便秘解消や美肌サポートの効果もあるようなので、うれしい限りです。

ただし、カロリーが高いので食べ過ぎはNG。

1日に摂取して良いのは大さじ1杯程度までだそうです。

 

おやつが食べたい妊婦さんはぜひ試してみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク