妊娠・育児の備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠・育児の備忘録

妊娠・育児にまつわる自分メモ

完ミ育児のメリットはどんなところにあるのか考えてみた

スポンサーリンク

世間では母乳育児が推奨されているようですが、我が家は完ミ育児です。
生まれる前は母乳で育てるつもりでいましたが、肝心の息子が上手に母乳を飲めなかったのだから仕方がないのです。
飲めないものを無理やり吸わせてもストレスになるだけですからね。

そうはいっても、この母乳育児推奨の世の中では、完ミ育児をすることに引け目を感じているお母さんも多い様子。
個人的には、赤ちゃんが元気に育てばなんでも良いと思っているんですけどね。
それよりも、お母さんがストレスを抱えて参ってしまう方が悪影響は大きいのではないかと思います。

そんなわけで、完ミ育児のメリットを考えてみました。

 

f:id:tomonotecho:20170125195741p:plain

 

授乳を代わってもらえる

授乳を代わってというのは母乳育児にはないメリットですよね。
自分がつらいときに代わってもらえるのはもちろんですが、親戚の家に行ったときなどにミルクを飲ませてもらうと私も楽ですし、ミルクを飲ませる親戚にも喜んでもらえます。

母乳の場合には授乳シーンを人に見せるわけにはいきませんものね。
授乳のタイミングでもみんなでワイワイ赤ちゃんを囲んで楽しめるのはミルク育児ならではと言えるのではないでしょうか。

人に預けやすい

完ミ育児では、預けるのがとってもらくちんです。
粉ミルクと哺乳瓶を渡して、次のミルクの時間と1回に飲ませるミルクの量を伝えておけばなんとかなります。
母乳育児の場合には、あらかじめ搾乳したものを冷凍したりと手間がかかりますよね。

哺乳瓶を拒否する子だったりすると、ある程度大きくなるまで全く預けられずにお母さんが参ってしまうこともあります。

場所を気にせず授乳できる

母乳の場合には授乳する場所を探さなければなりませんが、完ミの場合には授乳する場所をそこまで気にする必要はありません。
ある程度ガヤガヤしていない落ち着いた場所であればミルクを飲ませてあげることが出来ます。

赤ちゃんがよく眠る

個人差も大きいのですが、母乳よりもミルクの方が腹持ちが良いため、よく眠る赤ちゃんが多いようです。
うちの息子もとてもよく眠ります。
夜中に起きることはまずありませんし、朝はわざわざ起こさなければ起きないほどです。
息子がよく眠ってくれるので仕事もはかどりますし、自分の睡眠時間もしっかり確保することができます。

胸が張ることに悩まなくて済む

母乳を飲ませているお母さんの話としてよく聞くのが、定期的に飲ませないと胸が張ってしまうというものです。
お仕事をしている場合などは特に大変なようですね。
母乳が出ずに完ミ育児をしている場合、この胸の張りに悩まされずにすみます。

痛い思いをしなくて済む

母乳育児をしているお母さんがよく言うのが、胸をかまれて痛いということ。

息子も歯が生えてきたので、想像するだけでも痛そうだなとは思います。
完ミ育児の場合には噛まれるのは哺乳瓶なので、母としてはまったく痛い思いはしなくて済みます。

母乳パッドが必要ない

完ミ育児の場合には、母乳パッドは必要ありません。
自分に合うパッドを探したり、パッドによって肌トラブルを起こしてしまったり、パッドを取り換えるのを忘れてにおいが出てしまったりという心配もありません。

授乳ブラが必要ない

母乳育児では必須となる授乳ブラも、完ミ育児では必要ありません。
早々におしゃれなブラを楽しむことができます。
体形戻しにも有利ですね。

薬や食べ物に気を遣わなくていい

母乳育児の場合には、アルコールを避けたり食べ物にも気を使ったりする必要がありますが、完ミ育児の場合にはそれらのことを気にする必要はありません。
体調が悪ければ、なんの問題もなく薬を服用することもできます。

まとめ

母乳育児を理想としていたのに、いろいろな事情で完ミ育児になったという人も多いでしょう。
しかし、完ミ育児にも様々なメリットがあるものです。
できないことを悔やむのではなく、良いところを見てのびのびと育児をしてみましょう。

スポンサーリンク