妊娠・育児の備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠・育児の備忘録

妊娠・育児にまつわる自分メモ

お湯を注げば味噌汁に!みそまるで健康的な食事が楽に作れる

スポンサーリンク

赤ちゃんがいる生活をしていると、食事作りって地味に負担になりますよね。 しかし、みそまるを作ってストックしてみたら毎日の食事がちょっとだけ充実しました。 そんなみそまるづくりをご紹介してみます。

f:id:tomonotecho:20170305235901p:plain

味噌玉とも呼ばれる「みそまる」

みそまるは、味噌玉とも呼ばれます。 味噌におだし、味噌汁の具材を入れて丸めておいたものです。

最近では、乾燥味噌汁の具なんていうのも売っているのでとっても便利ですよね。 他にも、切り干し大根や乾燥わかめ、乾燥のわけぎなんかを使うこともあります。 栄養のことを考えると、ゴマを入れるのもいい感じです。 早めに使い切るのなら生野菜も使えるようですが、我が家ではまだチャレンジしたことはありません。

おだしも市販の粉末のものを使えばお手軽です。 我が家の場合、さらにそれに鰹節を加えます。

これらの材料を全部まぜまぜして、大さじ1杯程度の大きさで丸めてラップで包んだものがみそまるです。 混ぜてしまうと中身がわかりにくくなりがちなので、私はこれにマスキングテープで中身を書いて貼り付けています。

冷凍ストック可能

このみそまる、冷蔵庫で1週間程度保存しておくことができます。 さらに、冷凍庫に入れれば1ヶ月程度の保存が可能です。 まとめて作っておけば、その先1ヶ月程度は味噌汁に困らないことになりますのでとっても楽になりますよ。

冷凍庫に入れる時には、つぶれないようにタッパーなどに入れておくとよいです。 万が一ラップ破けて隣の物が味噌まみれなんてことになると気分が沈んでしまいますからね。

お湯を注げば味噌汁になる

このみそまるに、お湯を注げば味噌汁になります。 夕飯の際に味噌汁を作る手間が省けるのはもちろん、忙しいときや食欲がないときにはご飯の上にのせてお湯を注げば即席ねこまんまの完成です。 ついついカップラーメンに頼ってしまいがちという人には、栄養の面からもこちらをおすすめしたいです。

朝ごはんを作る時間がないから食べていないという人にもおすすめしたいです。 朝の栄養ってとっても大切ですから、ぜひお味噌汁だけでも飲んでいってみてください。 朝から元気に活動できるのとそうでないのでは、一日の作業効率がきっと大きく変わるはずです。

みそまるのレシピは考え方や工夫次第で無限大に広がります。 夕飯づくりが忙しくてついつい雑になってしまいがちという人は、これでお味噌汁を追加するだけでも少し食事のクォリティが上がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク