妊娠・育児の備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠・育児の備忘録

妊娠・育児にまつわる自分メモ

食洗器を導入したら寝かしつけの時間が短くなった!

スポンサーリンク

先日、ついに我が家にも食洗器が導入されました。

元々洗い物はほとんどの場合旦那が担当してくれていたので、私個人はそれほど楽にならないだろうと思っていたのですが、なんと寝かしつけにかかる時間が短くなったんです。

一見関係なさそうなのになぜそんなことが起きるのか解説します。

 

 

 

子供と旦那が遊ぶ時間が増えた

食洗器を導入したことによって、旦那と子供が遊ぶ時間が増えました。

ふれあいの時間が長くなるというのは、それだけでも素敵なことですよね。

 

さらに旦那と子供が遊ぶ時間が増えたことによる副次的なメリットとして、子供がよく寝るようになりました。

旦那の遊び方はとっても派手です。

息子も、ゲタゲタと笑いながら楽しんでいます。

それだけ派手に遊ぶと、息子も疲れて就寝時間にコロンと寝てくれるようになりました。

時には、遊びながらコテンと寝てしまうほど。

これによって、私の担当だった寝かしつけの時間まで不要になったのです。

まさか、こんな効果があるとは思ってもいませんでした。

 

その他食洗器を導入してよかったと思うこと

哺乳瓶がぴかぴかになる

我が家ではプラスチックの哺乳瓶を使っているのですが、プラスチックはガラスに比べてどうしてもくすんでしまいやすいです。

なんとなく見た目の清潔感を損なうのですが、ちゃんと洗ってるから汚いわけじゃないし、仕方ないよね...と思っていました。

 

ところが、哺乳瓶を食洗器に入れて洗ってみると、そのくすみがピカピカになったんです。

やはり、くすんだ哺乳瓶を使うよりもピカピカの哺乳瓶を使う方が気分がいいですよね。

 

我が家では、1日1回、夕飯の食器を洗うのと一緒に哺乳瓶も食洗器にかけています。

人間の手では扱えないような高温のお湯で洗ってくれるというのも安心ポイントです。

 

離乳食用の調理器具が超きれい

離乳食用の調理器具って、すごく洗いにくいですよね。

裏ごしするのに使ったあみとか、すり鉢とか、ありとあらゆるところに食材がつまってしまいます。

それでも、赤ちゃんが使うものだしいちいちつまようじなんかを使ってかきだしていたのですが、面倒で仕方ない。

 

これも、食洗器にいれたらめちゃめちゃきれいになりました。

離乳食ってなんて面倒なんだ!と思っていたのですが、かなり気分が楽になりましたね。

我が子はあまり離乳食を食べないので、作っては捨て、洗い物は面倒というイライラを抱えていたこともあったのですが、食洗器を導入してから気楽に離乳食と向き合えるようになった気がします。

 

まとめ

我が家にとって食洗器は、洗い物が楽になる以上のメリットをもたらしてくれました。

食洗器の導入を迷っているなら、ぜひ早めの設置をおすすめしたいです。

特に育児中の人の場合には、大きなメリットが得られるのではないかと思います。

 

今では洗濯機や電子レンジ、炊飯器が家電のスタンダードとなっているように、いずれ食洗器もそうなっていくのでしょうね。

 

スポンサーリンク